神奈川区子安、大口のインプラント、審美歯科なら水谷歯科医院へ
HOME>当院の治療

当院の治療

当院の治療
当院の治療

当院は歯科医として、「歯の治療」は勿論患者さんの「患者さんの健康第一主義」を基に治療を行っています。 その一環として、通常の医院では行わない、チタンのパッチテスト(金属アレルギーテスト)なども行っています。 これは、インプラント治療を行うに当たり、一般的にアレルギーの最も少ない金属とされているチタンですが、まれにアレルギー反応がある場合があるからです。
その他に、手術中に起こりうるであろう、あらゆる事態に備えて各種、道具をしっかり滅菌し、完備しています。(詳細は院内紹介・機材紹介のページへ)  以上のように、歯を中心としたトータル的健康サポートの提供に、日々前進していますので、まずはお気軽にご相談ください。

当院のインプラント治療

当院のインプラント

当院は、骨が足りなかった為にインプラント治療をあきらめていた方へ、「骨を作る」技術を使う事で治療の可能性を拡大させて頂いています。 主な、骨を作る技術として、以下の3つの方法を使用していますが、どの術式を使用するかは患者さん一人一人によって変わるので、まずはお気軽にご相談ください。

サイナフリフト

サイナフリフトとは、サイナス(上顎洞)と呼ばれるスペースに人工骨や自分の骨を移植する事で骨を増やし、インプラントを行なう方法の事を言います。

「ほほ」の骨の中は、大きく空洞になっています。そこを上顎洞サイナス)といい、上の歯にインプラントをする場合は、その空洞に到るまでの上顎の骨の中に、インプラント体を収める必要があります。  そのため、今までは上顎の骨の厚みが足りない方の場合、治療を行うことができませんでした。そこで当院では、サイナス(上顎洞)と呼ばれるスペースに人工骨や自分の骨を移植する方法によって、上顎の奥歯相当部に骨を増やすことで、インプラントを可能にしました。もちろんすべての症例が、この術式が当てはまるとは限らないので、まずは、お気軽にご相談ください。

ソケットリフト

ソケットリフトソケットリフトは、インプラントを埋め込むのに必要な量の骨があと少しだけ確保できない場合に使います。 この方法は、埋入予定場所に。棒形体の器具を入れ、槌形体器具で叩く事で骨が上顎洞側に移動し、インプラントを埋入するために必要な高さを獲得するという方法になります。 上顎骨は柔らかい骨になっているので、叩くことで骨が移動するのです。


GBR法(骨再生誘導法)

骨が不足している部分にスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促し、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅を補う際に用いる技術です。  インプラントを埋入するオペの前に必要な骨を作ってしまう場合もあれば、オペのとき、同時に行われるなど、患者さん一人一人に合わせて用います。